投資信託とは?

投資信託とはどんな投資?

投資信託とはどんな投資?

投資信託パンフレット

投資信託に関して、他で少しだけ説明しましたが、
もう少しだけ詳しく説明させて頂こうと思います。

 

 

投資信託(投信・ファンドとも呼ばれる)とは、
証券会社や銀行などの販売会社が多くの投資家から資金を集め、
これをひとつにまとめることで大きな資金にします(この資金を信託財産と呼びます)
この資金は信託銀行や信託業務を扱う銀行などが管理をしたり、
収益性の高い株や債券、金融派生商品などの金融資産、不動産などに投資するよう指示し、
投資信託会社が指示に基づき、証券・金融市場などで売買を行います。

 

 

その結果の運用損益は、販売会社を通じて、投じた投資額によって分配されます。

 

ただし、運用成績が悪く、元本割れになってしまったとしても、
販売会社や投資信託会社が元本保証はしてくれることはありません。

 

 

投資信託には個人投資に比べていくつかのメリットがあります。

 

 

例えば投資家から集めた資金は、大きな資金になりますので、
個人では投資できない短期金融商品や、
金融派生商品などの高額な投資対象にも大口投資が可能になります。

 

 

資金が大きいことは、分散投資がしやすくなります。
個人投資では、分散投資をしても限界があります。

 

それは資金んの問題です。

 

資金が少なければいろんな分散投資をしようとしても限りがあります。

 

しかし信託投資では、資金が大きいので、
投資の対象や投資の時間、投資の種類など、複数の多様な分散に対応することができるのです。

 

以前にも述べたように、分散投資はリスクを軽減させるには効果が見込めるのです。

 

 

 

その上信託会社は投資の専門家の集団です。

 

個人投資家では容易にできない幅広い情報の収集と、その分析を活用することができるのです。

 

特に初心者の個人投資家は、投資に対して、
わからないことや不安なことがたくさんなると思います。

 

そんな不安を感じることなく、投資の勉強ができるのが投資信託です。

 

 

 

 

しかし、投資信託にもデメリットはあります。

 

例えば手数料の問題があります。

 

投資信託会社で実際に運用している人たちはボランティアではありません。

 

この方たちに運用報酬を支払う必要があります。

 

その報酬は信託報酬として支払われます

シティバンク投資信託

 

その他には、運用をするファンドマネージャーの質です。

 

運用する人が本当に優秀かどうかは判断するのがとても難しいことです。

 

優秀でないファンドマネージャーでは、利益を得られないことも考えられます。

 

 

 

投資信託の販売会社は、証券会社や銀行、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社など
さまざまな融機関で販売しています。

 

しかし取扱商品は様々で、販売会社によって異なりますので、
詳しくは、販売会社や投資信託会社で確認してください。

 

低リスクな債権



ホーム RSS購読 サイトマップ