投資FX

24時間取引可能で小額取引が人気の投資FX

24時間取引可能で小額取引が人気の投資FX

FXの開いている時間

投資として人気を博しているのが、外国為替を利用したFXです。

 

『外国為替証拠金取引』のことで、主に差金決済による通貨の売買のことを指します。

 

 

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されたことで、取引が開始され、
インターネットの普及などで、市場が急速に拡大しました。

 

 

 

FXの仕組みは、ふたつの方法で資金を増やすことができます。

 

 

ひとつは金利利息で資産を増やす方法で、
日本のように金利がゼロに近い国では利息はほとんど使ないに等しいのですが、
海外では金利の高い通貨があり、その通貨を購入することで、高い利息を得ることができます。

 

例えば、豪ドルやNZドルなどは、利息の高い通貨です。

 

通貨は株式と異なり、よほどのことがない限り、勝ちがゼロになることはありません。

 

そういった意味では、安定的な投資対象ということができます。

 

しかし利回りの点では、大きなり利益は期待できません。

 

 

もうひとつの方法は、二国間の為替の差金により利益を得る方法です。
FXと言えばこちらの方法を指すことが一般的です。

 

 

二国間の為替の差金とは、
米ドルが1ドル100円の時に1万ドルを購入したとします。

 

しかし円安が進み、1ドルが110円になったとします。

 

その時に持っている1万ドルを売った場合には、
100円×1万ドル=100万円で買ったものを、
110円×1万ドル=110万円で売ったことになり、
10万円の利益が得られたことになります。

 

 

これが為替の差金決済です。

 

 

 

そんなFXの人気の理由のひとつに、24時間いつでも取引ができる点にあります。

 

外国為替を扱うので、世界中の市場で取引が可能になります。

 

そのため時差によって、24時間どこかの市場での取引が可能になるのです。

 

仕事で忙しいビジネスマンや、家事に追われるあ主婦の方でも、
自分の時間に合わせて取引できるので、とても便利な点が人気の理由です。

 

 

また、少ない金額から投資ができる点も人気の歩とつです。

 

小遣い程度の金額でも取引できるのです。

GMOFXの画面

 

≪証拠金取引≫といわれるように、証拠金により実際の資金よりも大きな取引が可能です。

 

証券会社などのFX業者に証拠金(資金)を収めることで、
その資金を担保に借り入れを行うことで、資金の数十倍の取引を行うことができるのです。

 

これをレバレッジと言い、利益もレバレッジによって得ることができますが、
損をした時もレバレッジにより、資金以上の損失を出す恐れがあります。

 

 

日本でのレバレッジは2011年から変更になり、
FX業者に対し4%以上の証拠金を預けなくてはならなくなりました。

 

これにより最高でレバレッジ25倍相当までとなりました。

 

FXのはじめ方や説明ページ
FX投資の始め方

 

次ページ
商品先物取引



ホーム RSS購読 サイトマップ