投資に必要な資金額

投資に必要な金額は?

投資に必要な金額は?

投資資金500$

投資と言うと、お金持ちがすることというイメージがあるようです。

 

だから「資金をする資金なんてないよ」という声もたくさん聞かれます。

 

しかし、投資の種類によって違いますが、10ま万円からでもできる投資はたくさんあります。
ここでは投資別にどれだけの投資資金が必要なのかを調べてみます。

 

手持ち資金

 

《株式投資》
株式を購入する際には、100万円以上のある程度まとまったお金が
必要と考えている人が多いようですが、投資方法や銘柄によっては、
10万円以下の金額ではじめられるものもあります。

 

 

しかしやはり、中には50万円、100万円と高額な銘柄の株もたくさんあんります。

 

そんな株が欲しくても高額であるがゆえに手が出せないこともあります。

 

そんな時でも【ミニ株】や【プチ株】という方法を利用することで、
自分の細かった銘柄の株を購入することができます。

 

 

ミニ株とは単元単位の1/10で取引できる仕組みです。

 

配当も株数に応じて受け取れます。

 

しかし、インターネットでミニ株を取引できる証券会社は限られていて、
取扱銘柄やサービスも証券会社によって異なりますので、
ミニ株を扱う際には、証券会社を良く調べることが大切です。

 

 

プチ株とは、ミニ株よりも小さな単位で取引できる仕組みです。

 

10株や1株でも取引できるのがミニ株です。

 

こちらも扱いのある証券会社は限られているので注意が必要です。
また、証券会社により呼び名が【プチ株】【S株】【ワン株】など違います。

 

 

自己資金

 

《投資信託》
投資信託では、1万円から投資できる投資信託がたくさんあります。

 

よって株式投資よりも小さな金額から投資できるので、投資しやすいと思います。

 

投資信託の投資額がいくらからなのかを調べる際には、
「買付単位」と「一口当たり元本」で確認します。

 

例えば、買付単位=1万口以上、1口=1円なら、
1万口×1円=1万円となり、1万円から購入可能ということになります。

 

 

 

 

《外貨投資》
外貨投資のほとんどが、10万円以下ではじめることができます。

 

例えばFXの場合、レバレッジの倍率にも寄りますが、
初心者なら10万円の資金で、2~5倍のレバレッジではじめるのがベストです。

 

余り少ない資金で、高いレバレッジで運用すると、証拠金があっと言う間に消えてしまいます。

 

外貨預金やがいかMMFの場合には1万円からはじめられます。

 

 

投資金額を調べるには、FXの場合には【保証金】を、外貨預金や外貨MMFでは、
【申込単位】を確認します。

 

 

 

《債券》
例えば個人向け国債は、一般の利付国債の購入最低額面金額が5万円なのにたいし、
購入しやすいように1万円単位で購入することができます。

 

その他の金融債も最低額面が1万円なので、1万円単位で購入することができます。

 

貯金額

 

 

《先物取引》
日経225先物など、50万円程度の保証金が必要なものもありますが、
株式投資のように、1/10の単位で取引できる日経225miniがあり、
証拠金も1/10の金額で取引することができますが、商品や証券会社によって異なり、
その点では、商品先物取引においても同様で、10万円程度が必要になるようです。

 

 

 

《バイナリーオプション》
取扱業者により、裁定取引額は異なりますが、1度の取引で必要になる金額は、
100円から扱う業者も数多くあり、絶対必要感額はこの金額になりますが、
バイナリーオプションの場合は、他の投資に比べて、資本分割が、
より重要な戦略になります。

 

その為、資金は10万円以上はあった方が良いかも知れません

 

 

投資コラム一覧



ホーム RSS購読 サイトマップ