金利で利益を得る国債

金利で利益を得る国債

金利で利益を得る国債

国債値動きチャート

金利で利益を得る投資には個人向け国債があります。

 

投資とは言え個人向け国債は元本が保障されていて、通常の国債とは明らかに違う商品です。

 

 

通常の国債は債券市場で日々売買されているので、
株式のように値下がりして元本割れを起こす可能性を秘めています。

 

しかし個人向け国債は額面金額で国が買い取りを保証しているので、
元本割れを起こすことは絶対に有りません。

 

 

個人向け国債の投資額は1万円以上で、1万円単位で購入することができます。

 

通常の国債のように、元本割れを起こさず元本が保証されている代わりに、
個人向け国債には様々な制約が付いています。

 

 

個人向け国債には『変動10年物』と『固定5年物』『固定3年物』の3種類があり、
変動10年物は実勢金利に沿って利息が変動し、固定5年、3年物はその年数は金利は変りません。

 

金利が下がっている時には『固定物』、
金利が上がっている時には『変動物』が良いかも知れませんが、
変動10年物と固定3年物は発行から1年間、固定金利5年物は発行から2年間は
途中解約をすることができません。

 

 

また、解約時には解約手数料として、
変動10年物と固定3年物は直近2回分の税引前利子相当額の手数料が発生し、
固定5年物では4回分の税引前利息相当の手数料が発生します。

 

 

個人向け国債と同じように元本割れをしない金融商品には、定期預金や積立定期があります。

 

こちらはどちらかと言えば貯蓄で、金額により元本保証があります。
もし仮に金融機関が倒産したとしても、
国が1,000万円までの元本とその利息を保証してくれるからです。

 

 

定期預金は金融機関によっても異なりますが1円からできるところもあり、
満期期間は1ヶ月から10年まで様々あります。

 

また、積立定期は普通預金から一定額を毎月振り替えるタイプと、
契約時に特定の月の増額を指定して振り替えるタイプと、
家計に余裕がある時などにATMからその都度入金して積み立てるタイプと、
引き落とし口座の残高が、予め予定した日に最低指定残高以上の時に振り替えるタイプがあります。

 

これらは金融機関によっては扱いのない物もありますので、確認が必要です。

シティバンク

 

金利は定期預金では固定金利すので、金利が上がっている時は満期が短いものを、
金利が下がっている時には満期の長いものを選んぶのが基本です。

 

積立定期では積み立ての都度、その時の金利が適用されます。

 

 

定期預金・積立定期共に満期前の解約は自由にできます。

 

しかし満期日前に解約した場合には、金利は普通預金の金利になってしまいます。

 

 

個人向け国債の金利や途中解約のことなどを総合してみて、
貯蓄との違いを考えながら、どちらが良いのかを考えてみることも重要です。

 

為替を利用した投資商品



ホーム RSS購読 サイトマップ