金利動向

金利は動向を注目する重要な指標

金利は動向を注目する重要な指標

日本銀行マーク

住宅などの高価な買い物をする時には、住宅ローンなどのローンを利用します。

 

企業も同じように、設備投資などの資金繰りなどには、
銀行などの金融機関から借り入れを行います。

 

これら長期にわたる資金を借りる際に重要になるのが長期金利です。

 

 

一般的にこの長期金利の指標として利用されるのが新発10年国債で、
新発10年国債とは、国が償還期間を10年として新規に発行した国債のことです。

 

新発10年国債の利回りは、その流通利回りのことを指して言います。

 

日本銀行ライトアップ

 

国債は他の債券などに比べても信用度が高く、活発に売買が行われます。

 

そんな国債の価格は、債券市場の需給関係によって決まります。

 

買う人が少なくなれな、価格は下落しますが、利回りは上昇します。

 

逆に買う人が増えれば、価格は上昇しますが、利回りは下落します。

 

 

 

金利の動きはいろんなものに影響を及ぼします。

 

金利が上昇すれば、ローン金利が上昇します。

 

ローン金利が上昇することで、返済する時の負担が大きくなってしまいます。

 

そのため新たに借り入れをしにくくなってしまいます。

 

その一方で、金利が上昇すると、債券や預金などの金利が上昇します。

 

するとわざわざリスクのある金融商品に投資する必要がなくなります。

 

 

以前のように預金などでも、ある程度の利益を得られるようになるからです。

 

するとリスクの高い株式などの投資が減り、株式市場の下落に繋がります。

 

 

 

このように考えることで長期金利の動きで、中長期的な経済の成長や物価の上昇など、
予測して伺い知ることができるのです。

 

金利が上昇する場合には、経済成長が高くなり、景気が良くなります。

 

また、物価上昇が起こり、国債が増発され、需給悪化懸念などの
様々な要因が考えられるようになります。

 

逆に金利が下落してしまうと、経済が下落してしまい、景気が悪化します。

 

その上、物価は下がり、最悪の場合はデフレスパイラルに巻き込まれ、
物価が下がりつ付けるのと比例して、企業の業績は下がり、
社員の賃金が下がるのは勿論、株価も下落してしまいます

 

 

このように金利の動向に注目しておくことは、
投資家として必ず行わなければならない事柄です。

 

 

 

その他に注目する点として、政策金利のひとつである公定歩合も重要な指標です。

 

公定歩合とは、日本銀行などの中央銀行が、
銀行などに貸し付けを行う際に適用される基準金利のことで、
景気の影響によって、引き上げられたり引き下げられたりします。

 

銀行などが一般に貸し付けを行う際も、この公定歩合を基準に利息を決定しています。
この公定歩合も金利同様の動向を注目する必要があります。

 

為替レートで動く実体経済

 

日本銀行ライトアップ白色



ホーム RSS購読 サイトマップ