為替レートと実体経済

為替レートの動向で変化する実体経済

為替レートの動向で変化する実体経済

輸入タンカー

外国の外貨との交換比率のことを為替レートと呼びます。

 

為替レートは需要と供給のバランスによって決まり、常に変動しています。

 

例えば、1ドル=100円の時に100ドルを購入したとします。

 

この場合は1万円で100ドルを購入することができます。

 

 

しかし日本円の人気が下がり、円安ドル高になり、
1ドル=110円になったとします
その時に100ドルを購入した場合には、1万1千円が必要になってしまいます。

 

 

反対に、日本円が人気になり円高ドル安状況になり、
1ドル=90円の時に100ドルを購入すると、9千円で購入することができるのです。

 

 

 

この為替レートは、企業の業績にも大きく影響を及ぼします。

 

企業の中には、自動車産業や電器産業のように商品を輸出する企業があます。

輸出用自動車

このような企業は円安になれば売り上げが増えるため、業績も好調になりますが、
円高になると売り上げが減ってしまい、業績を悪化させてしまいます。

 

企業によっては、1円円高になることで、数百億円の営業利益を失うところも存在します。

 

 

 

逆に、食品産業や石油化学産業のように、商品や原料を輸入する企業もあります。

 

このような企業では、円高になると調達コストを安くすることができるため、
業績を上げることができますが、円安に転じてしまうと、業績に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

このように企業の多くは、自国内のみならず世界中の企業と取引をしていて、
自国の通貨と、その相手国の通貨を交換して取引をしています。

 

外国通貨の代表的なものは、米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドルなどがあります。

 

海外へ行く時には、その国の通貨と両替をしますが、それと同じことが行われています。

 

輸入天然ガス

 

為替レートが変動する理由には国の信用力も影響してきます。

 

記憶に新しいところでいえば、ギリシャの財政危機が明るみに出ることで、
ギリシャの国としての信用度は一気に下がり、
ギリシャでの通貨であり、EUの共通通貨のユーロが値下がりしたことがありました。

 

この時は、ギリシャの信用力が落ちたのが原因で、ユーロが一斉に売られたことが原因でした。

 

このことでユーロ安に陥り、大変な事態になったことは記憶に新しい事と思います。

 

 

もっとも、この時に買われたのが日本円で、
財政的にはギリシャ以上に危機的な状況になるといわれる日本円が買われたことは、
それなりにいろいろと事情があったのですが、そのことはいずれお話しするとします。

 

 

 

このように為替によって、企業の業績に大きな影響を及ぼすとともに、
国に対しても大きな影響力を及ぼします。

 

企業では業績によって株価や社債に影響を及ぼしますし、
国も国債に影響を及ぼしかねません。

 

 

為替レートを注目することは、
為替に関連した投資の『FX』や『バイナリーオプション』だけではなく、
その他の投資にも影響を及ぼしますので、動向を注目しておきたいひとつです。

 

重要な株価指数



ホーム RSS購読 サイトマップ