株式とは?

投資の上での株式とは?

投資の上での株式とは?

東京証券取引所

投資をする上で知っておきたい知識として『株』『為替』『金利』がありますが、
果たして『株』(株式)とは一体何でしょう?

 

テレビやラジオなどのニュースで耳にする機会の多い株ですが、
その仕組みや成り立ちなど、投資をしている人でなければ、
詳しくはわからないと言うのが正直なところだと思います。

 

そこで株について考えてみることにします。

株式とは?

 

株とは?

 

企業が事業を行うためには、まとまったお金が必要になります。

 

そのお金は、事務所や設備を準備したり、販売目的の企業なら店舗を準備したり、
製造目的の企業であれば、工場を準備する時に使われます。

 

その他にも、働いてくれる人を雇う為にも、お金が必要になりますが、
一般の人はそんなまとまったお金を作るのは大変なことです。

 

また、企業を維持していくのにも、たくさんのお金が必要になります。
そんな資金を集めるために、銀行などからお金を借りることになりますが、
それでもその金額には限度があり、その他の方法が必要になります。

 

そんな時に、お金を出資してくれる人を見つけ、
出資してもらった証明として券を発行します。

 

それが株券で、一般的には株式といわれています。

東京証券取引所内部写真

 

株式を購入した人(株主)は、企業に出資をする代わりに、
企業の利益の中から配当を得ることができます。

 

そのためには企業が利益を得ることが重要で、
企業の経営に関わることのできる議決権などの権利も得ることができます。

 

その他に、その企業の商品やサービスを無料や格安で手に入れることができたりする、
株主優待を受ける権利も得られます。

 

配当金を貰ったり、株主優待を受けることをインカムゲインと呼びます。

 

 

しかし、その企業の業績が不振だった場合には、
配当金はおろか、株主優待を受けることはできず、
それどころか不振が続き、会社が倒産してしまえば、
株式はただの紙切れになってしまう恐れもあるのです。

 

そんなリスクを抱えているのも株式です。

 

 

株式を発行した企業の業績が上がり、増収・増益を続けると
その企業は上場することができます。

 

上場すると言うことは、証券取引所で株式を公開することになり、
株式を売買することが可能になることですので、
その企業の業績が好調なまま推移することで、株価も上昇する可能性が生まれます。

 

そうして株価の上昇した株式を売却することで、購入時との差益を得ることが可能になります。

 

こういった差益で利益を得ることをキャピタルゲインと呼びます。

 

 

ところが、企業の業績が思わしくない場合には株価が下落する恐れもあります。

 

そんな時は損をすることもあり、その場合はキャピタルロスと呼ばれます。

 

 

 

投資としての株式では、上場企業の株式を売買することで
キャピタルゲインを得ることを目的とすることが主流になっています。

 

投資信託とは?



ホーム RSS購読 サイトマップ