株価指数とは?

重要な株価指数

重要な株価指数

ダウジョーンズ株価指数

日本の経済と密接に関係しているのは企業の業績です。

 

日本を代表する企業の株価の動きを表しているのが日経平均株価で、
経済の動きを把握するには、この日経平均株価を知る必要があります。

 

 

日経平均株価とは、日本の株式市場の代表的な株価指数のひとつです。

 

東京証券取引所第一部に上場された銘柄約1700銘柄から選ばれた
225銘柄を対象にしていて、そのことから『日経225』とも呼ばれています。

 

 

225銘柄を制定しているのは日本経済新聞で、15秒毎に算出して公表しています。

 

東証株価指数(TOPIX)と並んで普及している株価指数で、
完全に民間が作成している経済指標であるにもかかわらず、
日本政府も経済統計として使っています。

 

 

銘柄の入れ替えは、流動性や業種等を考慮して随時行われ、
時代を反映した株価指数ということができます。

 

 

日経平均株価が動く要因は様々あります。そのひとつに国内の景気の影響があります。

 

景気が良い時は企業の業績が好調になるため、株価は値上がりします。

 

逆に景気が悪くなれば、企業の業績も悪くなり、株価は値下がりします。

 

 

そして株価と密接なつながりにある為替相場によっても影響を受けます

日本には輸出関連の企業が多数あります。

 

それらの企業は、円高になれば企業の業績が悪化するため、日経平均株価は値下がりし、
円安になれば企業の業績が好調になるため、日経平均株価も値上がりします。

 

 

 

先にも示した通り株価指数にはもうひとつ東証株価指数(TOPIX)があります。

 

東証株価指数(TOPIX)は日経平均株価の225銘柄に対して
東京証券取引所第一部に上場された全銘柄を指数の対象としているため、
株式市場全体の動きを表しているといわれています。

 

 

東京証券取引所第一部上場株の時価総額の合計を終値ベースで評価して、
基準日の時価総額を“100”とし、新規上場・上場廃止・増減資・企業分割などにより修正され、
東京証券取引所が1秒毎に算出し、指数化して公表している株価指数です。

 

基準日は1968年1月4日です。

 

 

また、アメリカは世界経済に与える影響が大きく、特に日本はアメリカと密接に関係しているため、
アメリカの株式市場の動向が、日本の株式市場にも影響をもたらします。

 

そこでアメリカの株価指数を把握する必要があります。

ダウジョーンズビル

アメリカの代表的な株価指数はNYダウ(ダウ平均)で、
経済ニュース通信社のダウ・ジョーンズ社(米)が算出する株価指数で、
銘柄は全てがニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているわけではありません。

 

 

NYダウ(ダウ平均)は、『ダウ工業株30種平均』『ダウ輸送株20種平均』
『公共株15種平均』の3種類と、これらをあわせた『ダウ総合65種平均』があり、
リアルタイムで公表する株価平均型株価指数です。

 

 

これらの動向を、日々把握することが、投資をする上では重要です。

 

国債に投資するとどうなる?



ホーム RSS購読 サイトマップ