投資信託とETFと株式

投資信託とETFと株式の比較

投資信託とETFと株式の比較

オプションプット市場

投資の中には、投資家本人が直接金融商品で投資をするのではなく、
多数の投資家から集めた資金で、投資の専門家に運用してもらう投資があります。

 

それが投資信託です。

ストック値段

 

投資信託とは、販売会社が投資家から資金を集め、
運用会社が調査に基づいて運用の指示を出します。

 

その指示に基づいて運用するのが信託会社です。

 

投資家から集めた資金を分散管理して、
運用会社の指示に従い、株式や債券や不動産などの売買を行います。

 

 

売買した成果は、出資額に応じて、投資家に分配されます。

 

要するに、個人投資家が直接投資をするのではなく、
投資のプロが代わって投資をする事になります。

 

投資家から集める資金は1万円からと小額ですが、多数の投資家から集めることで、
大きな資金を作ることができます。

日経225チャート

 

資金が大きくなれば分散投資をすることもできますし、
投資が難しい新興国などにも手軽に投資できます。

 

また投資のプロが運用を行うので、その手法を学ぶこともできますが、
手数料は各々が行う金融商品よりは高めに設定されています。

 

投資対象が株式や債券ということで、株式を学びながら、利益を得ることが可能になります。

 

 

 

その他に自分で直接売買ができる投資信託があります。

 

『ETF』と呼ばれ、株価指数連動型上場投資信託のことを指します。

 

ETFには様々な種類があり、日経平均株価225種やTOPIXといった
代表的な株価指数に連動するタイプの他、
銀行業や電気機器といった業種別の株価指数に連動するタイプなどがあります

 


ETFは証券会社に口座があれば、自分で直接取引ができるので、
通常の投資信託よりは手数料が格安です。

 

 

これらを利用しながら株式を知ることは、投資をする上で重要なことになります。

 

それに株式は高額のイメージがありますが、ネット証券が登場することで、
売買手数料が数百円程度にまで下がっていますし、

 

取引単位の引き下げなどにより、数万円程度から投資できる銘柄が増えています。

 

 

このように、以前のイメージとは異なり。手軽に投資できるようになったことで、
思いのまま取引ができたり、情報収集がしやすくなっています。

 

 

それでも不安に思ってしまう人もいると思います。

 

そのような人は数千円で取引できる『ミニ株』や『単元未満株』を扱う証券会社があり、
小額投資ができる商品もあります。

 

 

株式は株価に大きく影響をしますので、
株式を投資て株価を知ることで、金利や為替もわかるようになるので、
投資をする上では、先ずやってみる投資のひとつだと思います。

 

投資用の株式



ホーム RSS購読 サイトマップ