不動産投資の種類

多様化している不動産投資の種類

多様化している不動産投資の種類

投資アパートからの眺め

現在人気の投資の中で、他の投資と少し異なる投資があります。

 

それは不動産投資です。

 

他の投資の殆んどが、証券会社や銀行などの金融機関を窓口とし、
投資商品の売買を行うのに対して、不動産投資での取扱業者のほとんどは不動産会社です。

 

その他に、SPC(特別目的会社)や地方裁判所などが行う競売物件もあります。

 

 

不動産投資というと、一時期騒がれた『土地転がし』のイメージがあると思います。

 

これは不動産を購入し、不動産価格が値上がりした時に売却して
その差額を利益として得る方法で、この利益をキャピタルゲインと言います。

 

しかし現在では不動産価格が上がるのはほんの一握りの地域で、
地方では不動産価格は下がり続けていて、キャピタルゲインを期待できる状況ではありません。

 

 

それにも拘らず不動産投資の人気があるのは、2種類の利益の上げ方のもう一方の方法で、
不動産の賃料による利益を狙う方法です。

 

マンションやアパート、ビルなどを貸し出して得られる賃料で、
こちらの利益をインカムゲインと言い、株式投資における配当と同じです。

 

 

 

不動産投資は一部のお金持ちや地主の投資のように思われがちですが、
融資の仕組みの変化などの様々な理由で、不動産投資に参加しやすい環境が整い、
最近では一般の方でも参加しやすくなっています。

 

それによって不動産投資の種類も多様化しています。

 

そんな不動産投資種類を説明します。

 

 

 

【現物不動産投資】
現物不動産投資とは、実際にマンションやアパート、ビルなどを購入し、
その物件を貸し出すことで得られる賃料収入で利益を得る投資のことで、
一般的に不動産投資と言うとこの現物投資のことを指します。

 

不動産の管理などは本人もしくは委託して行います。

 

投資用リゾートマンション

【証券化不動産投資】
投資家からの資金調達などを行う目的で設立された会社(SPC)が不動産を証券化し、
それを購入するのが証券化不動産投資です。

 

不動産はSPCが投資目的で購入し、
そこで得られた利益は配当として投資額に応じて投資家に分配されます。

 

しかし、SPCの投資が上手くいかなければ、配当は得られません。

 

投資信託の方法に似た方法なので不動産投資信託とも言われます。

 

 

 

【小口化不動産投資】
証券化不動産投資に似ていますが、小口化不動産投資の場合には、
決まった不動産を購入す際に投資家から資金を調達します。

 

購入する不動産がわかっているので、現物不動産の共同オーナーのような形になります。

 

利益を得る方法は、購入した不動産の賃料収入を出資割合に応じて分配されます。

 

賃料で利益が得られない場合には勿論利益の分配はなく、赤字分を分配しなければなりません。

 

不動産の管理などは、資金を集めた会社が行うのが一般的です。

 

 

 

証券化不動産投資・小口化不動産投資では、現物不動産投資と違い小額の投資が可能になるため、
投資の分散が可能になります。

 

投資を分散させることで、リスクの軽減を図ることができます。

高収益アパートメント

 

 

いくら融資の仕組みなどが変化したとはいえ、不動産投資には多額の資金を必要とします。

 

そんな多額の資金を必要とせず、投資しやすくしたのが小口化不動産投資です。

 

不動産会社などが、不動産を購入する目的で投資家から資金を集めます。

 

バイナリーオプション投資とは?

 

次ページ
投資に必要な金額



ホーム RSS購読 サイトマップ