分散投資と割合

分散投資の方法と割合

分散投資と割合

投資対象となる金融商品は多数存在しています。

 

その中でも個人投資家が活用すべき金融商品について考えてみたいと思います。

 

 

投資対象にはハイリスクハイリターンの商品から、
ローリスクローリターンの商品まで様々あります。

 

分散投資の考え方から、リスクを減らすにはそれらの金融商品に分散して投資することが重要です。

 

そこで以前はこのような表が投資の書籍などで示されていました。

分散投資表

 

この表は年代別に株式と債券とその他の金融商品に投資する理想とする割合を示したものです。

 

 

この表の考え方では、株式は長期的に考えると平均して10%程度のリターンが、
債券では平均5%程度のリターンを見込めると考えらますが、
しかし株式では5年程度の短期間ではマイナスになることもあるので、
株式に対する分配のウェイトは、多くするべきではないと考えられます。

 

 

そのため年齢が若いうちは今後多くの労働賃金を得られる見込みがあるので、
ある程度のリスクがあっても、高いリターンを目指すのが良いと考えられるのです。

 

 

この表のような資産分配の仕方は、初心者向けのノーマルな資産分配としては、
とても優れたものと考えることができます。

 

比較的ハイリスク・ハイリターンな株式と、ローリスク・ローリターンの債券と
その他の金融商品を組み合わせた考え方でもあることからも、そのことはわかると思います。

 

 

しかしこの考え方は、あくまでも初心者のノーマルな資産分配で、
若いからといって株式の勉強もせずに、株式に資産の半分以上を投資することは、
株式に投じた資産の全てを失ってしまうと言っても過言ではありません。

 

 

そしてこのように分散投資することは、株式だけでなく債券に対しても、
その他の金融商品に対しても、勉強をする必要があり、
長く投資を行っていく上では、自分の性格や資産運用力、資金量などによって、
投資すべき金融商品の投資対象や投資手法が見つかって来るのです。

 

 

そのためにも『株式』や『債券』『投資信託』『外国為替』『デリバティブ』『不動産』など、
複数の金融商品に対して勉強することで、より自分に向いた投資対象に出会うことができ、
自分の資産の分配方法を選ぶことができるようになるのです。

 

 

また、為替と株式と金利は密接に関わり合って動いていることからも、
複数の金融商品について勉強をすることが、
仮に株式だけを勉強した時よりも、その他の金融商品の動きがわかるようになるため、
リスクを低減させることができるようになるのです。

 

金利について


ホーム RSS購読 サイトマップ