分散投資

分散投資の重要性

分散投資の重要性

お金を生む卵

現代社会において投資は必要なものであることはわかるが、
投資は預金とは違い、必ずリスクが付いて回ります。

 

逆に言えば、リスクのない投資は有り得ません。

 

リスクはなるべく小さいに越したことはありません。

 

そこでリスクを軽減させる方法として分散投資があります。

 

 

分散投資とは、価格変動リスクを軽減させるために、
【投資の対象】【投資の時間】【投資の種類】を分散させることで、
それぞれが持つリスクを分散させる投資手法のことです。

 

 

投資分散を表すのによく使われることわざとして、
『卵は一つの籠に入れるな』
という喩でその概念を紹介されることがあります。

 

 

これは卵を集めてひとつの籠に入れておくと、籠を落とした時に全ての卵が割れてしまうので、
いくつかの籠に分けて卵を入れることで、割れる卵の数を少なくできると言うことです。

 

 

投資においてひとつの投資対象を一度に同じ種類に投資してしまうと、
投資に失敗した時に、その失敗を補うことができません。

 

しかし、対象・時間・種類を分散することで、お互いに補い合うことができるのです。

 

同じカゴの卵

 

投資の対象を分散する

 

例えば株式において、一社の銘柄だけに絞らずに、複数の会社の株式に投資をすることで、

 

仮に一社が業績悪化や悪材料で株価が大幅に下がってしまい損失を受けてしまっても、

 

他の会社の株式で利益を得ることで、その損失を軽減させることができます。

 

 

 

 

 

投資の時間を分散する

 

仮に一社の株式を購入するにしても、一度に全ての資金を投資するのではなく、
数回に分けて投資することで、価格変動を均一化することができ、
高値づかみを避けることで、リスクを分散させることができます。
時間分散の代表としては≪ドルコスト平均法≫という投資法があります。

 

 

 

投資の種類を分散する

 

投資の種類とは、株式や債券といった投資の種類を分散させることです。
それぞれの投資対象の相関性が低ければ低いほど分散効果は高まります。

 

例えば、株式と債券では、価格に逆相関性があるといわれています。
そのため、種類の分散としてはかなり適しているといわれています。

 

 

 

このように一種類もしくは二種類以上の分散を図ることで、
リスクの軽減をすることができますが、分散投資にもデメリットはあります。

 

 

逆相関の関係にある投資商品に分散投資した場合に、
損失を利益で相殺してしまうため、
利益が単独で投資した場合よりも少なくなってしまいます。

 

その他に、手数料などのコストも分散した数だけ増えてしまいます。

カゴの卵

 

 

投資超初心者にオススメ分散投資その1

 

バイナリーオプション



ホーム RSS購読 サイトマップ